高島市 高島市 ハブベアリング交換 BMW Mini CrossOver Quickplus ヤマモト

画像

高島市 ハブベアリング交換 BMW Mini CrossOver

 高島市にお住まいのM様からBMWのハブベアリングの交換のご依頼を受けました。

高島市にお住まいのM様から「走行中にゴォーゴォーと変な音が鳴るので見て欲しいです」とご依頼を受けました。
足回りから異音が発生する時は、だいたいハブベアリングのノイズの場合が多いのですが、今回もやっぱりハブベアリングでした。

このハブベアリングが損傷してしまうと、
・タイヤにがたつきが出てしまい、走行が不安定になってしまう。
・ハンドル操作時に異音がしてしまう。
・ブレーキを踏むとガタガタと異音がする。
・燃費が悪くなる
などたくさんの危険性があります。

このような症状を放置してしまうと、ベアリングが焼きついてタイヤが回らなくなり、走行ができないなんてことにもつながってしまいます。
今回もしっかりと症状を拝見し、交換させていただきました。

 まずは車両からナックルを取り外します

ハブベアリングの交換にあたって、まずは車両からナックルを取り外します。
ホイールキャップを外し、ホイールを取り外していきます。
そして、ブレーキキャリパーを取り外し、フロントディスクロータも外していきます。
ナックルを取り外す時は、まずドライブシャフトを抜き、スピードセンサーを取り外す必要があります。
少し専門用語が多くなりましたが、こういった流れでまず車両からナックルを取り外す工程が必要なんです。

 ナックルからベアリングを取り外していきます

ナックルに装着されたスナップリングを取り外し、ダストカバーを取り外します。
インナーリング単体を引き抜き、ナックルからベアリングを取り外していきます。
そして、再度ベアリングに組み込んでいき、パーツクリーナーでベアリングの汚れもしっかりと取っていきます。

 新品ベアリングを組み込んでいきます

新品ベアリングを圧入し、アウターリングの端面のみに当たる専門の治具を用います。
この時、インナーリングを押してしまうとベアリング部分に傷がつく恐れがあるので、絶対にインナーリングを押さないことが重要です。
ベアリングを水平にし、垂直に押し込むことがポイントになってきます。
そして、新品スナップリングを取り付け、ダストカバーをナックルに取り付けます。最後にベアリングを取り付けて完成です。

 修理のことならなんでもお任せください!

無事作業が終わり、お客様からもスムーズな修理対応ありがとうございますとお褒めのお言葉をいただくことができました。これで嫌な異音にも悩まされることはないですね!
今回と同じような悩みをお持ちの方はもちろん、そのほかにも何か車のことでお悩みの方はお気軽にご相談くださいませ!

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0740-25-3330
で受け付けております。
※必ず「ホームページを見た!」とお伝えください。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。
>>WEBからのお見積りはこちら

修理・整備の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!